挑戦

身長の伸びない病気ってあるの?

他の同世代の子供よりも身長がとても小さい場合、病気の可能性があります。
絶対にそうだとは限らないので、あくまでも可能性の話です。
もしかすると成長が遅いだけで、後から一気に伸びるかもしれません。
しかし、何かおかしいと感じた場合は念のために病院で検査をしてみた方がいいかもしれません。

身長の伸びを妨げる代表的な病気は成長ホルモン分泌不全性低身長症です。
成長ホルモン分泌不全性低身長症とは成長ホルモンの分泌が行われず、成長がストップしてしまう病気です。
治療をせずに放置すると大人になっても身長が130センチ程度にしかならない場合もあります。
子供のうちはそこまで身長が低くても支障はないかもしれませんが、大人になるにつれて顕著に表れてきます。
あってはならないことですが、身長が低いことが理由で就職できなかったり、学校や職場でいじめに遭う可能性があります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症は早期発見・早期治療が大切な病気です。
治療が遅くなるとそれだけ他の子供に追いつくのに時間がかかります。
どれだけ早めに治療を開始するのかがポイントになるので、成長期の前には治療を始めないといけません。
男の子であれば、声変わりをする前、女の子であれば初潮が来る前には治療を行う必要があります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症を見極めるのは難しいですが、他の子供よりも体格が幼い場合は疑った方がいいかもしれません。

 

|  転職したほうがいいと思う |  身長の伸びない病気ってあるの? |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁